スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーストラリアに行ってきました~

二週間くらいオーストラリアのキャンベラに行ってきました。


めちゃくちゃ綺麗なところでしたよ。写真はないですがw

キャンベラFC U18(現地のチームです)と試合して、その選手の家にホームステイしてきました。

選手が通ってる学校にも行きました。綺麗な学校でしたな。写真はないですがw

ホームステイした家のプッティはインドネシア人だったので毎晩白飯をたらふく食いましたww

タイ米も慣れればうまいもんですよ。


オーストラリアにいるうちに『羊をめぐる冒険』とか『富嶽百景』とか『歌うクジラ 上』とかを読みました。

エロ本も買ったwww

また行きたいですね、キャンベラ。ああ美しきキャンベラ。
スポンサーサイト

ジェラードとドランスに感動した2011年新春

あけましておめでとうございます。

更新の間隔もあきましてry


そんなことより(w)、年明け二日で早くもプレミアリーグを2試合観戦しました。管理人です。
まあ観てる人はもっと観てるでしょうがw僕にとっては多い方です。


そして2試合とも面白かったんですよね。

それが嬉しかった。年明け早々得した気分(^ω^)


まずはウェストブロミッジ 1-2 マンチェスター・ユナイテッド。
ウェストブロムがシュート21本、マンUが6本という珍しい試合でしたw

それでも今季ニガテなアウェーで勝ったユナイテッドw こんだけやってまけたウェストブロムww

まあオデムウィンギのPK失敗とか怪我人続出かわいそうだねとかツッコミどころは色々あるんですが、今回はグレアム・ドランスの活躍に注目しましょう。

まあ開幕当初のチェルシー戦でも頑張ってましたし、まだいいプレーしてるかな~と思って注意して観てたんですが、いやはや、いいプレーでしたね。

よく動いてフリーになり、チャンスがあれば簡単に縦パスをポンと入れて、パス&ゴーで変化をつけてました。

自分でもよく飛び出してチャンス作ってましたしね。

ボールの受けかた、置きかたはアーセナルのウィルシャーがうまいなーと思ってたんですが、ドランスもうまかった。
(まあウィルシャーはまだ18歳ということで、将来的に怖いのはウィルシャーですがw)

とにかくWBAの攻撃の起点として活躍してました。マンUの中盤、キャリック&アンデルソンが沈黙していたとは言えども、印象的なプレーでしたね。

ありゃいずれ引き抜かれるでしょうな(´_`)

タイプ的にはランパードと似てる…ってWSDかなんかに書いてありましたが、まあそんな感じですかね。
ちっちゃいんでモドリッチにも似てるかなーとも思いましたが。

まあ元日からいい試合を観れていい気分でした\(^o^)/



お次はリバプール 2-1 ボルトン。
リバプールよく勝ちましたね。これで上昇気流に乗れんじゃない? っていう感じ。

なんつってもジェラードですよ。ジェラード。

メイレレスが怪我して前半途中から出てきたんですが、ちょっと彼は別格ですねwww

それまではパスが足元足元で動きがなく、ボルトンのプレスが効いて展開がなかったんですが、ジェラードが入ってきて一気に全部が劇的に変わりました。

ジェラードはパス&ゴーを徹底。もちろんパス自体も気持ち悪いくらいピンポイントで凄かったんですが、やはりそのパス&ゴーによるダイナミズムがリバプールに“変化”をもたらしてましたね。

ジェラードが動く。スペースが空く。スペースに他の選手が入る。マーカーは動く相手、動くボールを観なきゃいけない。マークがズレる。また、選手が動いたことでまた他が空く。マークがズレる。

この繰り返しです。

そしてスペースがあってこそ生きるフェルナンド・トーレス。

リバプールというチーム全体に“動き”が生まれ、スペースが生まれ、トーレスが生きました。

素晴らしいオフザボールの動きでジェラードのピンポイントパスを引き出し、同点ゴールを挙げました。

ジェラードが入ったことによって生きたのはトーレスだけではありません。

元々起用なタイプではないカイトも、空いたスペースに走り込む、最も得意とするダイナミズム溢れるプレーを取り戻し、ジョンソンも力強くオーバーラップし、ルーカスは流れを断ち切らないパス捌きを見せ、マキシはサイドに起点を作りました。

ジェラードはまさにリバプールの心臓でしたね。

極めつけは後半ロスタイム。ファーサイドでマークを外したマキシに完璧過ぎるクロスをピンポイントで合わせ、劇的な逆転ゴールをアシストしました。

結局2点ともに絡んだジェラード。ただ試合を流れを作っただけでなく、決定的な違いも作ってしまうあたり、この人は別格でした。


ジェラードのコンディションが、間違いなくリバプール浮沈をカギを握りますね。

さあ、リバプールは後半戦巻き返しを図ることができるでしょうか?




総括。

やっぱり中盤に違いを作れる選手がいるというのは大きいですね。

ストライカーの潜在能力をまさに“引き出して”ました。

WBAのドランスはジェラードの域に達することができるでしょうか。アーセナルのウィルシャーは。僕はry

年明けからテンションあがりまくりです\(^o^)/

首都クラブを道連れに

我らが京都サンガが最終節にて快挙を成し遂げました。
首都クラブ、ふっとぼーる・くらぶとーきょーを2-0で破り、J2地獄に道連れにしました\(^o^)/

まあ言ってもウチも落ちるし、道連れとかマジ迷惑なクラブですが、転んでもタダじゃ起きなかった、というか、転ぶ時にFC東京の裾引っつかんで離さなかったのには珍しく意地(このチームに無いもんですねww)を感じましたよwww



東京のみなさん、ごめんね☆


……なんて言うかあほー(^-^)


権田、今野、石川、梶山、”すぅぱぁすたぁ”平山……このメンツで落ちちゃダメでしょ首都クラブww


これで首都2クラブは2部リーグです。ドイツみたいだね(!?

『ナイフ』読んだ

重松清さんの『ナイフ』を読みました。読み終わったのは昨日です。

重松清さんの作品は読んだことなくて、『ナイフ』が初めてだったんですが、正直度肝抜かれましたw 文章のうまいことうまいことwww

いじめに関する短編小説が五編収録されている『ナイフ』。一編目の『ワニとハブとひょうたん池で』、これが鮮烈でした。

主人公の中二の女の子視点で物語が進むんですが、それが「本当に中二の女の子っぽいな」と思うくらい中二の女の子っぽくて、まあ僕は中二の女の子を経験してないので詳しくはわかりませんがw、重松清さんが男性であることを思い出して驚愕しました。

本当に文章がうまいです。

太宰治さんの『女生徒』という女の子視点の小説もうまかったんですが、それと同等あるいはそれ以上にビックリしましたね。うまかったんです。


内容に関していうと、いじめの卑劣さ、理不尽さ、空虚さ(なんていう言葉では軽いとは思いますが)などが非常にリアルに表現されていて、視点もいじめられる者、いじめを傍観する者、いじめられる子の親、といろいろありまして、楽しめました。楽しめた、ってちょっと違うか。テーマが重いですからね。

とにかく止まらない小説でした。はやく次読みたい。気になる気になる気になる……と。

こうなったのは『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』以来ですね。個人的なハナシですけどw(んなこと言ったら全部個人的ry)

学校の国語教師曰く「重松清は多作やからなあ、当たりはずれあるっちゃあるけど、エエで。『疾走』とかな」。
友達曰く、「あのくそエロい『疾走』ですか?」と薦められた(?)んでまたなんか読みたいですね。

まあ多分『舞姫通信』になると思いますwww


以上。

イングランド代表に2部カーディフの選手が選出

フランス戦に向けたイングランド代表が発表されました。

初選出はマンUのクリス・スモーリング、サンダランドのジョーダン・ヘンダーソン、ニューカッスルのアンディ・キャロルにカーディフのジェイ・ボスロイド。このボスロイドが2部からの選出なんですね。28歳の選手。サプライズですねw

一ヶ月くらい前からカーディフの監督が「目を見張るようなプレー」だかなんだか言って推薦してましたが、まさか選出されるとはw ちなみにプレー見たことはないです。



話が変わりますが、京都がまた降格してしまった。

とりあえず秋田監督の解任は既定路線でしょうかね。僕は大賛成です。
プロフィール

すたれ(フジオカ)

Author:すたれ(フジオカ)
東京進出を虎視眈々と狙う京都在住の高校生。でも学校は奈良。近鉄電車と朝の1分を争う日々。

ハンドルネームは「すたれ」だったり「廃れ」だったり「ストライカー」だったり……まあサッカーの話をする変人がいたら僕の可能性が高いです。

小学生のころからサッカーに親しみ、現在は学校の部活に所属しています。ポジションはボランチ:サイド:フォワードが7:1:2くらい。好きなチームは京都サンガ。海外ならプレミアの中堅どころにシンパシー。フラム、ブラックバーン、ボルトンetc...

ラノベで叩いた読書の門。しかし調子こいて村上春樹とか難しい本を読みすぎました。今では「ラノベとか金の無駄」とほざいております。最近の行きつけはブックオフ。お金は大切に!

ついったー^^
takumaskywalkerをフォローしましょう

mixiは「すたれ」ではいってるんでよろしければ^^

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。